ショッピングガイド


カートの中身を見る

カートの中に商品はありません


ディテーリングリキッド ブランドメッセージ

自動車美装講座

洗車の追求

ホイールの洗浄方法

ヘッドライトクリーニング

ギャラリー

メールサポート


アマゾン

ヤフーショッピング
■発送のタイミング
・営業日の15時迄に注文・振込入金が確認できたものを当日発送いたします。
※状況により発送が遅くなる場合がございますのでご了承下さい。

■お問合せ対応
基本的に可能な限り確認次第対応を行っておりますが、受注業務を優先して行うため数日お待ち頂く場合がございますのでご了承下さい。

■営業カレンダー
2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

■お支払い方法
・クレジットカード
クレジットカード(VISA/MASTER/DINERS/JCB/AMEX)でのお支払が可能です。
注文処理後、決済画面が表示されますので、画面の表示に従い決済処理を行って下さい。

・銀行振込:ジャパンネット銀行
銀行振込でのお支払いです。
商品は入金確認後に発送されます。

・ゆうちょ振替
ゆうちょ口座からの振込支払いです。
商品は入金確認後に発送されます。

・ゆうパック代金引換
商品受取時に代金をお支払い下さい。手数料としてご注文1回につき300円(税込)を頂戴いたします。

・佐川急便代金引換
商品受取時に代金をお支払い下さい。手数料としてご注文1回につき400円(税込)を頂戴いたします。


■発送方法
・レターパックプラス:全国一律 510円(税込)
・ゆうパック:800円〜1200円(税込)
※2万円以上の購入で送料無料
・佐川急便:沖縄・離島は利用不可 一律 600円(税込)
※1万円以上の購入で送料無料


チャレンジ25


ヘッドライトクリーニングの方法

■ヘッドライトのクリーニング方法

黄ばみやくもりの発生したヘッドライトを、磨きでキレイにするヘッドライトクリーニングセットの使用方法です。
樹脂のヘッドライトは紫外線により黄ばみや劣化が起こります。
ヘッドライト表面には紫外線から保護するためのクリアー層がありますが、劣化し剥がれてきます。
それを一度キレイに削りとり、新たにコートをすることでキレイにします。
市販品でも、ヘッドライトクリーニング用の用品が多種ありますが、結局ヘッドライト表面が荒れてザラザラの状況ですので、表面の状態を整えない限りクリアーなヘッドライトにはなりません。
少し手間のかかる作業ですが、クリアーなヘッドライトは車体の印象を大きく変えます。
黄ばんだヘッドライトはどうしても古ぼけたイメージになります。

■作業にかかる時間
作業自体はマスキングテープ貼り付けから、コートの塗りこみ終わりまでで、左右で1〜2時間です。
以下はトヨタ・ヴォクシーのヘッドライトですが、表面積が広く、上下分割されているため、中央部分にもマスキングしながらの作業でしたが、写真撮影をしながらも1時間30分で左右のヘッドライト手磨きは終了しています。
標準的なセダンのヘッドライトでしたら1時間前後の作業です。

 


1.洗車



○工程:ヘッドライト洗浄
通常の洗車と同じようにヘッドライトの洗浄をします。
今回のヘッドライトは、黄ばみ、表面の白ボケ、サイドの下側の部分にクリア層のひび割れがあります。

 


2.洗浄してマスキング



○工程:付属の洗浄液で洗浄後、周囲のマスキングを行います。
洗浄液の洗浄で、黄ばみはほとんど落ちますが、ヘッドライト表面やクリア層が劣化し、表面が平坦ではありません。そのため、白っぽくぼけた状態になっています。
色々なヘッドライトクリーニングの製品が売られていますが、この状態のものは液剤のみでは落ちません。
磨き作業が必要で、磨けば確実に綺麗になります。
研磨作業に入りますので、磨きたくない周囲の部分をマスキングします。
ヘッドライトの樹脂部分は、車体の塗装よりも頑丈で、結構ゴシゴシ磨きます。
その際に、誤って周囲を削っていてしまわないようするためのマスキングです。

 


3.研磨作業



○工程:ヘッドライトの研磨
まずはポリッシングシートで荒く削り、徐々になめらかにしていきます。
程度の軽いものであれば、細目のポリッシュシートで磨いた後、コンパウンドで磨くだけでキレイに仕上がります。
まず、上記のメニューで研磨してみて、もう少し研磨が必要な場合に、荒いポリッシュシートでまた再度研磨を始める方法をおすすめします。
ポリッシュシートは水をかけながら、水研ぎで研磨します。
画像のようにヘッドライトを真っ白にするように磨きます。
コンパウンドは、乾ききるまでしっかり磨いてから、コンパウンドを足して再度磨くを数回繰り返します。

 


4.コート



○工程:ヘッドライトのコート
磨いた後は、ヘッドライトのコートを行わなければ非常に短時間で劣化が始まります。
ヘッドライト周辺の水分を除去し、コート剤をムラなく塗ります。
その後2時間コート剤の硬化時間が必要です。
その間は、水がかからないように注意が必要です。

 

absolute 石英ガラス sio2 コーティング コーティングカーシャンプー